headband

肝臓に良い食べ物

HOME >> 肝臓とはどのような働きを持った臓器なのでしょうか?

肝臓とはどのような働きを持った臓器なのでしょうか?

重要な役割を担っている肝臓
肝心要の肝臓なわけですから、肝臓が非常に重要な役割を担っていることは、容易に想像できることかと思います。

それに肝臓は、人間の臓器の中では最も大きなものでありますし、その大きさは心臓の実に4倍にもなるんですね。

もちろん、大切でない臓器などあるはずもありませんが、それでもやはり肝臓の役割が非常に重要であることは変わりがありません。

それでは具体的に、肝臓の働きにはどのようなものがあるのでしょうか?


肝臓が果たしている働きとは?
皆さんが普段何気なく食事をしていると思いますが、この時に摂取した全ての食べ物は胃や腸を経由して一度肝臓に運び込まれることになります。

肝臓に運び込まれた食べ物は、解毒作用によって人体にとって無害な物質へと変換したり、あるいはエネルギーに変換したりするのであります。

ということは、肝臓の機能が低下するようなことがありますと、解毒作用が不十分となって有害物質が体内に残存したり、あるいは充分な量のエネルギーを作り出すことができなくなってしまうんですね。

このような事態に陥りますと、生命が危険にさらされることになりかねないのであります。


休むことなく働き続ける肝臓
肝臓という臓器は、心臓と同様に休息することなく働き続けております。休息することがないわけですから、あまりにも負荷をかけ続けますと、さすがに我慢強い肝臓も悲鳴をあげてしまうわけですね。

肝臓が機能低下を起こしますと、危険な病気の引き金を引くことになりかねません。

そもそもお話ですが、肝臓は食生活や生活習慣に大きく影響を受けることになります。例えば、栄養バランスの悪い食生活や不規則な生活習慣を送っていますと、肝臓にのしかかる負担が大きくなってしまって機能低下を起こしかねません。

沈黙の臓器とも言われている肝臓は、病院での治療が必要となった場合は、病状はかなり悪化して危険な状態にあると考えるべきなのです。

したがいまして、休みなく働き続ける肝臓に負荷をかけ続けることがないように労ってあげる必要があるでしょう。

症状が悪化しても自覚症状の現れにくい肝臓に、症状が表面化してきた場合は、危険信号だと認識していただければと思います。

【肝臓に関わる一口メモ】
・脂肪肝・・・最も大きな臓器である肝臓に脂肪や食物由来コレステロールが蓄積した状態の脂肪肝(しぼうかん、steatosis hepatis)は、糖尿病に始まる多様な合併症の誘因となる可能性が高いと言われています。


pagetop

肝臓に良い食べ物

肝臓に良いサプリメント

肝臓病の原因

肝臓病の症状

肝臓病の治療

肝臓病の予防

肝臓の働き

二日酔い

肝臓に良い食べ物

肝臓に良いサプリメント

肝臓病の原因

肝臓病の症状

肝臓病の治療

肝臓病の予防

肝臓の働き

二日酔い

Copyright(C) 2012 肝臓に良い食べ物 All Rights Reserved. くりっく365と店頭取引の違い