headband

肝臓に良い食べ物

HOME >> 肝臓に脂肪が溜まる脂肪肝を改善する効果がある漢方薬

肝臓に脂肪が溜まる脂肪肝を改善する効果がある漢方薬

肝臓に脂肪が溜まっている脂肪肝
肝臓病の一つに脂肪肝と呼ばれる病気があります。この脂肪肝は、文字通り非常に大切な肝臓に脂肪が溜まることで色々な障害が起きてくるわけです。

そんな脂肪肝なのですが、肝臓に脂肪が溜まった状態にある肝臓を回復させるためには、脂肪を何かしらの方法で取り除かなければなりません。

その一つの方法に漢方薬の活用があるわけですね。それでは具体的に、脂肪肝に効果がある漢方薬にはどのようなものがあるのでしょうか?


脂肪肝に効果がある漢方薬とは?
脂肪肝に効果がある漢方薬には、下記のようなものがあります。

・防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)
・桃核承気湯(とうかくじょうきとう)
・大柴胡湯(だいさいことう)


それでは、個々に見ていくことにしましょう。

・防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)・・・防風通聖散と呼ばれる漢方薬には、脂肪を燃やす働きがあることから肝臓に溜まっている脂肪を燃焼させる効果が期待されます。

また、脂肪を摂取する度に燃やしてくれますので、脂肪が肝臓に留まりづらくすることができるでしょう。

・桃核承気湯(とうかくじょうきとう)・・・桃核承気湯と呼ばれる漢方薬には、脂肪を減らす補助的な働きをしてくれます。そんなことから桃核承気湯は、防風通聖散と同様に脂肪を燃やしやすくしてくれるはずです。

また桃核承気湯は、月経困難症や便秘、そして腰痛などでお悩みの方に対して処方されるのですが、さらにホルモンのバランスが乱れた時にも有効だと考えられているのであります。

・大柴胡湯(だいさいことう)・・・・大柴胡湯と呼ばれる漢方薬には、内臓に蓄積されてしまった脂肪の排出を促す作用があることで知られておりまして、脂肪肝に対する治療だけではなく、肝機能障害や便秘、そして不眠症に効果があると言われています。

また大柴胡湯は、大柄な方にすすめられることが多い漢方薬でもあります。


漢方薬は必ず医師と相談しましょう
肝臓病の一つである脂肪肝は、問題のある生活習慣が原因となって発症することが多く、生活習慣病の一つと数えられています。そして実際に生活習慣が原因となって脂肪肝になる人は、非常に多いわけであります。

そんなことから、肝臓の異変の効果があると言われる漢方薬が、ドラッグストアなどでも市販されているのです。しかしながら、現実問題として実際に漢方薬で脂肪肝の改善を図るということであれば、やはり自己判断するのではなく、専門の医師と相談すべきでしょう。

体質に合わない漢方薬を服用しても、効果が得られないケースもありますからね。

pagetop

肝臓に良い食べ物

肝臓に良いサプリメント

肝臓病の原因

肝臓病の症状

肝臓病の治療

肝臓病の予防

肝臓の働き

二日酔い

肝臓に良い食べ物

肝臓に良いサプリメント

肝臓病の原因

肝臓病の症状

肝臓病の治療

肝臓病の予防

肝臓の働き

二日酔い

Copyright(C) 2012 肝臓に良い食べ物 All Rights Reserved. くりっく365と店頭取引の違い