headband

肝臓に良い食べ物

HOME >> 早めの治療開始で進行を止める必要がある肝硬変の初期症状

早めの治療開始で進行を止める必要がある肝硬変の初期症状

命に関わる非常に危険な肝硬変
肝臓の機能低下が著しいと、肝硬変の発症という可能性が高くなってしまいます。

肝硬変の発症は、患者さんの命を脅かす非常に重篤な病気ですから、早急なる対処が大切になります。

早急に対処するためには、肝硬変の初期症状を知っている必要があるでしょう。初期症状を知らなかったら、自分では対処のしようがありませんからね。それでは具体的に、肝硬変の初期症状にはどのようなものがあるのでしょうか?


肝硬変の初期症状ってどうなるの?
肝硬変を発症した初期症状には、下記のようなものがあります。

・肝臓が痛い
・顔が黒ずんでくる
・すぐに出血する
・すぐに疲れる
・体重の減少
・食欲不振
・倦怠感
・腹痛
・下痢


それでは、個々に見ていくことにしましょう。

・肝臓が痛い・・・肝臓の痛みという症状は、肝硬変の発症で現れる症状の中でも、一番多く現れる症状と言えます。患者さんの60%〜80%の方に肝臓の周辺が痛いという証言をしています。

・顔が黒ずんでくる・・・肝硬変を発症すると、メラニン色素が増えることから顔が黒ずんでくることがあります。

・すぐに出血する・・・肝硬変を発症すると、血液凝固に必要な血中の血小板が減ってしまうことから出血しやすくなります。特に歯茎や鼻から出血しやすくなります。

・すぐに疲れる/・体重の減少/・食欲不振・・・肝臓の機能が著しく機能が低下した状態にある肝硬変は、当然のことながら食欲不振になりますので、疲れやすく常に倦怠感を感じてしまいます。

・腹痛/・下痢・・・肝硬変の見落としがちな症状に、腹痛と下痢があります。

早急なる対処が必要となる肝硬変
上記で説明しているような症状が現れた場合は、肝硬変の恐れがありますから、専門の病院で適切な処置が実施されなければなりません。初期症状の段階で治療を受けることができれば、病気の進行を止めることができます。

しかし、放置すると命の危険がかなり大きなものとなってしまいます。肝硬変は、非常に危険な病気ですから、くれぐれも早く病院に行ってくださいね。

また、肝硬変にならないようにするために、アルコールの過剰摂取や問題のある生活習慣は積極的に改善するようにしましょう。

pagetop

肝臓に良い食べ物

肝臓に良いサプリメント

肝臓病の原因

肝臓病の症状

肝臓病の治療

肝臓病の予防

肝臓の働き

二日酔い

肝臓に良い食べ物

肝臓に良いサプリメント

肝臓病の原因

肝臓病の症状

肝臓病の治療

肝臓病の予防

肝臓の働き

二日酔い

Copyright(C) 2012 肝臓に良い食べ物 All Rights Reserved. くりっく365と店頭取引の違い