headband

肝臓に良い食べ物

HOME >> 食生活に問題のある方が気になる肝臓!脂肪肝とはどんな病気?

食生活に問題のある方が気になる肝臓!脂肪肝とはどんな病気?

脂肪肝とは?
日頃から、食べ過ぎたり飲み過ぎたりする方は肝臓の状態が気になると思います。

このように食生活の問題があったりしますと、やはり脂肪肝のことが心配になりますよね。

そもそも脂肪肝とは、文字通り肝臓に中性脂肪が蓄積されてしまった状態のことを言うわけであります。

脂質の多い食事を取る機会が多かったりしますと、摂取された脂肪は脂肪酸に分解されてから肝臓へと送られてまいります。受け入れた肝臓は、脂肪酸から中性脂肪を生成することになります。


この中性脂肪は、運動するなどでエネルギーとして燃焼されれば問題はないのですが、消費される量よりも作り出される脂肪の量が多かったりしますと、肝臓に蓄積されてしまいます。

このようにして肝臓に中性脂肪が溜まった状態を脂肪肝と言うわけであります。また、脂質の多い食事をしなくても、飲酒によるアルコールの過剰摂取で肝臓に中性脂肪が溜まってしまうことがあります。


脂肪の量が30%以上の脂肪肝
もちろん、健康体の肝臓であっても中性脂肪はある程度まで蓄えられているわけでありまして、中性脂肪がゼロというわけではありません。

健康体の肝臓が蓄えている中性脂肪の量というのは、だいたい10%程度といわれております。このぐらいの数値で推移している分には、何ら問題はありません。

肝臓というのは、30%を超えた状態になりますと脂肪肝と呼ばれてしまいます。ただし、この状態ではまだ病気と診断されません。脂肪肝を放置してしまいますと、肝臓が炎症を起こして脂肪肝炎となってしまうのであります。

ちころで、脂肪肝になりやすいと言われる年代があります。男性も女性も40歳前後が危険な年齢層と考えられているんですね。

そして、肝臓が脂肪肝の状態になっていても自覚症状はほとんど現れることがありません。そのために、自らが気がつくことは無理があるでしょう。ということで、発見されるのは多くの場合、定期的に行なわれる健康診断ということになります。

脂肪肝の放置は、最悪は肝硬変や肝臓癌の発症ということにもなりかねませんので、最低でも年に一回の健康診断は受けてくださいね。

pagetop

肝臓に良い食べ物

肝臓に良いサプリメント

肝臓病の原因

肝臓病の症状

肝臓病の治療

肝臓病の予防

肝臓の働き

二日酔い

肝臓に良い食べ物

肝臓に良いサプリメント

肝臓病の原因

肝臓病の症状

肝臓病の治療

肝臓病の予防

肝臓の働き

二日酔い

Copyright(C) 2012 肝臓に良い食べ物 All Rights Reserved. くりっく365と店頭取引の違い