headband

肝臓に良い食べ物

HOME >> 痩せているのに脂肪肝と診断された!脂肪肝の原因って原因?

痩せているのに脂肪肝と診断された!脂肪肝の原因って原因?

脂肪肝という肝臓の疾患があります。脂肪肝とは、文字通り肝臓に中性脂肪やコレステロールが溜まってしまった状態のことです。

脂肪肝は、外見的に痩せて見えてもなってしまうことがあります。それでは、なぜ脂肪肝になるのでしょうか?脂肪肝になる原因は下記の通りです。

【脂肪肝の原因】
(1)食べ過ぎ
(2)アルコールの過剰摂取
(3)糖尿病


それでは、個々に見ていくことにしましょう。

(1)食べ過ぎ
当たり前の話ではありますが、食べ過ぎた場合、その分を一生懸命運動して消費しない限り太ってしまいます。肥満は皮下脂肪だけではなく、内臓にも脂肪が蓄積されますので脂肪肝になりやすいと言えます

また、食事を含めて間食などで甘いものや脂質の多いものをたくさん食べてしまいますと、それらの食べ物は肝臓で脂肪に変わってしまいますので、やはり肝臓に脂肪が溜まりやすくなってしまうのであります。

ということは、見方を変えれば甘いものや脂質の多いものを控えたり、肥満を解消することで脂肪肝もまた改善されることになりますね。

(2)アルコールの過剰摂取
お酒をたくさん飲みますと、それに含まれるアルコールは全て肝臓で処理されていますので、肝臓には大きな負担がかかってしまいます。そうすると、肝臓の機能が低下してしまうことがあるんですね。

その結果として、肝臓には脂肪が溜まりやすい環境になってしまって、それが脂肪肝の原因になるわけであります。

また、お酒を飲む人は高タンパクで高脂質なおつまみを食べる傾向にありますので、これもまた脂肪肝の原因となってしまうのです。ただ、その反対に何も食べないでお酒だけ飲むという行為も脂肪肝になりやすいと言えます。

アルコールの過剰摂取が原因の脂肪肝は、当然のことながら断酒することで症状を改善することができます。

(3)糖尿病
糖尿病を発症すると、血液中のブドウ糖の量が基準値を超えた状態が続いてしまいます。それは糖質の代謝を促進するインスリンの分泌量が、何らかの原因によって減ってしまうからなんですね。

そうすると、肝臓はたくさんの中性脂肪を作り出すことになり、その結果脂肪肝になってしまうわけです。“逆もまた真なり”で、脂肪肝になると糖尿病になりやすいと言えます。

pagetop

肝臓に良い食べ物

肝臓に良いサプリメント

肝臓病の原因

肝臓病の症状

肝臓病の治療

肝臓病の予防

肝臓の働き

二日酔い

肝臓に良い食べ物

肝臓に良いサプリメント

肝臓病の原因

肝臓病の症状

肝臓病の治療

肝臓病の予防

肝臓の働き

二日酔い

Copyright(C) 2012 肝臓に良い食べ物 All Rights Reserved. くりっく365と店頭取引の違い