headband

肝臓に良い食べ物

HOME >> 肝臓の検査〜血液検査〜

肝臓の検査〜血液検査〜

自覚症状が現れない肝臓病
肝臓が「沈黙の臓器」と呼ばれうほど我慢強い臓器であることは多くの方がご存知のことと思います。

肝臓は少しくらいの負荷がかかったとしても、へこたれたちすることがなく、そのダメージが表面化することはありません。

要するに自覚症状が、ほとんど現れないんですね。そして、いざ何かしらの症状が現れた時には、かなりなダメージを受けていると考えるべきなのであります。


ということで、肝臓に大きな負担がかかって異常事態が発生していることを認識するためには定期的に検査を受けることは非常に大切なことなのです。

肝臓が正常な状態にあるかどうかをチェックする検査方法には三つあります。その方法とは下記の通りになります。

【肝臓の検査方法】
(1)血液検査
(2)画像診断
(3)肝生検


それでは個々にみていくことにしましょう。


(1)血液検査
肝臓の状態を調べる方法としては、最もよく知られている血液検査ですが、血液を採取して成分を分析することで今現在ご自身の肝臓が置かれている状況を把握することができます。

例えば、その異変が肝臓全体で起きていることなのか、胆汁に異常が発生しているのかということをチェックすることができるのです。

肝臓の状態を把握するためには、10項目以上の分析を行う事になりますが、その中でも最も一般的となっている項目は「GOT」と「GPT」です。


正常の数値の範囲内からから離れれば離れるほど、肝臓が受けているダメージは大きい証拠ということになります。

肝臓に大きなダメージを与えてしまう原因の一つにアルコールがありますが、そのダメージの程度を調べるためにγ−GTPの検査をすることになります。


※こちらに続きます。
>>>画像診断と肝生検

pagetop

肝臓に良い食べ物

肝臓に良いサプリメント

肝臓病の原因

肝臓病の症状

肝臓病の治療

肝臓病の予防

肝臓の働き

二日酔い

肝臓に良い食べ物

肝臓に良いサプリメント

肝臓病の原因

肝臓病の症状

肝臓病の治療

肝臓病の予防

肝臓の働き

二日酔い

Copyright(C) 2012 肝臓に良い食べ物 All Rights Reserved. くりっく365と店頭取引の違い