headband

肝臓に良い食べ物

HOME >> 肝臓病予防のために行うべきこと

肝臓病予防のために行うべきこと

※「肝臓病を予防する方法」からの続きです。

肝臓の解毒作用を維持するために
肝臓病を予防するために、最も大切な栄養素は良質なタンパク質です。具体的な食材としては、牛乳などの乳製品、大豆や納豆などの豆類、鶏肉のささみなどがあげられます。

これらの食材を積極的に使ったメニューを心がけたいところです。

ところで、肝臓が担っている大切な役割の中の一つに解毒作用があります。この解毒作用がスムーズに行われるために必要となってくる栄養素がビタミンなのです

元々ビタミンは、生物が成長するため、あるいは健康な状態を保つためには欠くことのできない栄養素と言われていますからね。


大きな役割を担うビタミンB群
ビタミンが不足するとどのようなことが起きるのかと申しますと、肝炎や肝硬変になりやすいという研究結果が出ております。

肝硬変などは、発症してしまいますと5年生存率が50%とも言われるほどの恐ろしい病気ですから真剣に予防を心がけるべきだと思います。

そんな大切な栄養素であるビタミンですが、その中でも特にビタミンB群が重要になってまいります。具体的なビタミンB群が含まれている食材としましては、牛、豚、鳥のレバー、貝、さんまなどがあげられます


また、その手軽さからとても人気のある食べ物にインスタントラーメンやファーストフードなどがありますが、これらの食べ物には添加物が含まれていたりしますので極力避けるようにしましょう。

加工食品も好ましい食材とは言えません。

肝臓病を予防するためには食生活の改善も大切ですが、運動不足もいけません。現代人のほとんどは運動不足と言われておりますが、生活習慣病や肥満防止のためにも程度な運動を日常生活に取り入れるようにしましょう。

pagetop

肝臓に良い食べ物

肝臓に良いサプリメント

肝臓病の原因

肝臓病の症状

肝臓病の治療

肝臓病の予防

肝臓の働き

二日酔い

肝臓に良い食べ物

肝臓に良いサプリメント

肝臓病の原因

肝臓病の症状

肝臓病の治療

肝臓病の予防

肝臓の働き

二日酔い

Copyright(C) 2012 肝臓に良い食べ物 All Rights Reserved. くりっく365と店頭取引の違い