headband

肝臓に良い食べ物

HOME >> 若い世代にも増えている脂肪肝

若い世代にも増えている脂肪肝

※「脂肪肝とは?」からの続きです。

発症年齢が低下している脂肪肝
肝臓に存在する脂肪の量が5%を超えた状態になりますと、脂肪肝と診断されてしまいます。

その昔、脂肪肝と呼ばれるのは中年以降の世代の人に多かったのですが、最近では若い世代の人でも脂肪肝と診断されてしまう人が増えてきています


脂肪といいますと、ついつい悪役扱いになってしまいますが、実は人間の体にはなくてはならないものなんですけどね。要するに量の問題ということになります。

ただ、脂肪肝と診断されたからと言って、脳卒中や心筋梗塞みたいに即、命に危機が迫るといった緊急性の高い病気というわけではありません。

だからと言って放置しておいて良いわけではりませんからご注意下さいね。


行き着く先は肝硬変
脂肪肝を放ったらかしにしておきますと、恐ろしい肝硬変や肝炎になってしまう可能性が高くなります。もし肝硬変を発症してしまいますと、5年以内に亡くなる患者数は実に50%にもなるという高い数字が待ち受けていることになります

脂肪肝の原因というのは、再三申し上げている通り毎日の食事でいつも食べ過ぎてしまうこと、アルコールの過剰摂取、高血圧、糖尿病などがあげられます。要するに多くの場合、生活習慣病が原因となっているわけですね。


仮にお酒を飲まない人でも、他の生活習慣に問題がある場合は脂肪肝や慢性肝炎になることもあります。

また、肝炎の場合であれば日本では80〜90%がウイルス性だと言われていますからね。

脂肪肝は自覚症状がありません。したがいまして会社や各自治体などで実施される定期健康診断などで血液検査を受けて毎年必ずチェックするようにしましょう。

ちなみに自覚症状のない脂肪肝ですが、進行しますと胸焼けや全身の倦怠感程度の症状が現れたりします。

pagetop

肝臓に良い食べ物

肝臓に良いサプリメント

肝臓病の原因

肝臓病の症状

肝臓病の治療

肝臓病の予防

肝臓の働き

二日酔い

肝臓に良い食べ物

肝臓に良いサプリメント

肝臓病の原因

肝臓病の症状

肝臓病の治療

肝臓病の予防

肝臓の働き

二日酔い

Copyright(C) 2012 肝臓に良い食べ物 All Rights Reserved. くりっく365と店頭取引の違い