headband

肝臓に良い食べ物

HOME >> 肝臓に負担をかけないお酒の飲み方

肝臓に負担をかけないお酒の飲み方

※「肝臓とアセトアルデヒドの問題」からの続きです。

壊れるまで黙って働く肝臓
沈黙の臓器と言われる肝臓は、毎日たくさんのお酒を飲んでも黙って働いてくれます。

それこそ肝臓が悪くなっても壊れるまで自覚症状なしに働いてくれます。

ただ、黙々と肝臓が働き続けてもお酒の量が処理能力を上回ってしまいますと、肝臓の中に中性脂肪が蓄積されることになります

そうすると肝硬変や癌を発症するリスクが高くなってしまうのです。飲んで気分の良くなるお酒も肝臓を壊してしまっては、将来的には楽しめなくなってしまいます。

そんな事態にならないためにはどうしたらよいのでしょうか?


お酒を飲む時の注意点
肝臓に負担のかからないお酒の飲み方というのは、何と言っても自分のペースを守って適量を飲むということです

間違っても一気飲みなどはなさらないでくださいね。そんなことをしたら急性アルコール中毒になりかねません。

また、アルコール濃度にも気をつけましょう。カクテルを含むお酒の種類によってはアルコール濃度がかなり高いものもありますのでご注意いただきたいと思います。


トイレが近くなってしまうかもしれませんが、肝臓を守るためですからできればアルコール濃度の高くないものを飲むようにしましょう。

そしてお酒を飲まない日をつくる休肝日のことですが、週に二日程度はセッティングしたいところです。お酒を飲むに当たって何よりも大切なこと、それは楽しく飲むことです。

お酒を飲んで人に絡んだり、感情を高ぶらせて泣いたり、くだをまいたりしないようにしましょう。そして、おつまみには栄養バランスのとれたものを用意して食べながら飲むと良いですね。

pagetop

肝臓に良い食べ物

肝臓に良いサプリメント

肝臓病の原因

肝臓病の症状

肝臓病の治療

肝臓病の予防

肝臓の働き

二日酔い

肝臓に良い食べ物

肝臓に良いサプリメント

肝臓病の原因

肝臓病の症状

肝臓病の治療

肝臓病の予防

肝臓の働き

二日酔い

Copyright(C) 2012 肝臓に良い食べ物 All Rights Reserved. くりっく365と店頭取引の違い