headband

肝臓に良い食べ物

HOME >> 肝臓とアセトアルデヒドの問題

肝臓とアセトアルデヒドの問題

※「酒は百薬の長って本当?」からの続きです。

厄介なアセトアルデヒド
お酒もほどほどに飲む分には良いのですが、たくさんのお酒を飲むというのはかなりな負担が肝臓にかかってしまいます。

ここではアルコールがどのようにして体の中で処理されるのかについてご説明してみたいと思います。


お酒を飲みますと、それは肝臓に運ばれてお酒に含まれているアルコールはアセトアルデヒドと水素に分解されることになります。

そしてアセトアルデヒドはさらに分解されて酢酸と水素になり、最後は二酸化炭素となって人体の外へと排出されるんですね。

このような一連のアルコール処理という流れの中で厄介なのがアセトアルデヒドの問題なのであります。


飲み過ぎで処理しきれないアセトアルデヒド
アセトアルデヒドが酢酸と水素に分解される時、処理しきれないことがあります。もちろんそれはアルコールを過剰に摂取した時のことです。要するにお酒の飲み過ぎということですね。

アセトアルデヒドが分解しきれずに血液中に残留してしまいますと、酔った状態が続くことになりますし二日酔いになったりするわけです。


血液中のアセトアルデヒドを分解するのは肝臓にある酵素の役割です。飲んだお酒を働き者の肝臓がせっせと分解作業を続けてくれます。

しかしこのような分解作業が毎日のように続きますと、さすがにタフで鳴らす肝臓だって悲鳴をあげてしまうんですね。「悲鳴をあげる」と言ったら語弊がありますね、なにしろ沈黙の臓器と言われていますから。

肝臓は黙って過酷な労働を続けてしまうということになります


※こちらに続きます。
>>>肝臓に負担をかけないお酒の飲み方

pagetop

肝臓に良い食べ物

肝臓に良いサプリメント

肝臓病の原因

肝臓病の症状

肝臓病の治療

肝臓病の予防

肝臓の働き

二日酔い

肝臓に良い食べ物

肝臓に良いサプリメント

肝臓病の原因

肝臓病の症状

肝臓病の治療

肝臓病の予防

肝臓の働き

二日酔い

Copyright(C) 2012 肝臓に良い食べ物 All Rights Reserved. くりっく365と店頭取引の違い