headband

肝臓に良い食べ物

HOME >> 酒は百薬の長って本当?

酒は百薬の長って本当?

ほどほどに飲むから良いのです
「酒は百薬の長」という言葉がありますが、これは適量と言いますか、ほどほどにお酒を飲むことで気分は良くなりますし、またストレスを穏やかなものにしてくれたり食欲を増進する効果があると言われております。

その結果、健康面においてプラスに作用して寿命の延長にも貢献してくれると疫学的研究でも認められいるとのことです。


その昔、新朝の皇帝である王莽(おう もう)が、漢を簒奪(さんだつ)した時代に酒を称えて言った言葉とされています。ちなみに漢書(かんじょ)『食貨志下【食貨志(しょっかし)下】』の中では「夫れ塩は食肴の将、酒は百薬の長、嘉会の好、鉄は田農の本」と記されております。

※簒奪(さんだつ):帝王の位や政治の実権などを奪いとることです。


肝臓に大きな負担を強いるアルコール
上記のことは、あくまでもほどほどにお酒を飲んだ場合のお話であって飲み過ぎるほどお酒を飲んでしまっては体に良いわけありませんよね。

たくさんのお酒を飲むことによるアルコールの過剰摂取で、大きな負荷がかかるのは肝臓です。休肝日という言葉があるくらいにお酒を飲む方にとっては、アルコールと肝臓には密接な関係があることはご存知だと思います。


でもアルコールの過剰摂取が、どのようにして肝臓に負担をかけてしまうのかについてはご存じない方もいらしゃるかもしれません。ここではアルコールと肝臓の関係について少しばかり触れてみたいと思います。

ちなみに休肝日とは、お酒を飲むことを日々の習慣にしている人が、お酒を飲まない日をつくることです。休肝日は、アルコールを分解する働きのある肝臓の負担を軽減させることを目的としています。


※こちらに続きます。
>>>肝臓とアセトアルデヒドの問題

pagetop

肝臓に良い食べ物

肝臓に良いサプリメント

肝臓病の原因

肝臓病の症状

肝臓病の治療

肝臓病の予防

肝臓の働き

二日酔い

肝臓に良い食べ物

肝臓に良いサプリメント

肝臓病の原因

肝臓病の症状

肝臓病の治療

肝臓病の予防

肝臓の働き

二日酔い

Copyright(C) 2012 肝臓に良い食べ物 All Rights Reserved. くりっく365と店頭取引の違い