headband

肝臓に良い食べ物

HOME >> 肝臓のγGTPが高くなると・・・!?

肝臓のγGTPが高くなると・・・!?

肝臓の細胞が損傷
健康診断などで実施される肝臓に関する検査項目の中に、γGTP(ガンマ・ジーティーピー)というものがあります。

もし検査結果でγGTP(ガンマ・ジーティーピー)の数値が高いということになりますと、肝臓の細胞が破壊されていたり死んでいるという危険性があります。けっして安易に考えてはいけません。

肝臓に何らかの異変が起きている」と考える必要がありますので、その原因をはっきりさせて適切な対応をとるべきでしょう。


もしかしたら、肝炎や脂肪肝などの疾患を患っている可能性もありますし、数値が高くなればなるほど肝硬変や肝臓癌というより深刻な病気に陥っていることだって考えられるわけであります。

ただし、アルコールの影響で数値が高くなっているケースもあります。そのような時は、一週間程度、お酒を断てば適正な数値の範囲内に回復します。


お酒は肝臓に大きな負担
そんなことからアルコールが原因で、γGTP(ガンマ・ジーティーピー)の数値が高いのだから問題ないと思う方もいらっしゃるかもしれませんね。

しかしながら、問題は大ありなのです。アルコールを摂り過ぎますと、これはやはり肝臓に大きな負担をかけることになります。


そのような状態が続きますと、肝硬変を発症する危険性が大きくなります。肝硬変というのは、発症すると5年以内に50%が死亡すると言われている恐ろしい疾患でもあります。

さらには肝臓がんのリスクも高まるでしょう。

したがいまして、常日頃から飲酒というものは適度な量でストレス解消できるような健康的な飲み方が望ましいですよね。お酒はほどほどにしましょう。


※関連記事
>>臓のγGTPが高いということは?<<


pagetop

肝臓に良い食べ物

肝臓に良いサプリメント

肝臓病の原因

肝臓病の症状

肝臓病の治療

肝臓病の予防

肝臓の働き

二日酔い

肝臓に良い食べ物

肝臓に良いサプリメント

肝臓病の原因

肝臓病の症状

肝臓病の治療

肝臓病の予防

肝臓の働き

二日酔い

Copyright(C) 2012 肝臓に良い食べ物 All Rights Reserved. くりっく365と店頭取引の違い