headband

肝臓に良い食べ物

HOME >> 自覚症状のない肝臓病

自覚症状のない肝臓病

肝臓は一番大きな臓器
肝臓という臓器は、人間の体の中で一番大きなものなのです。その大きさは実に体重の約50分の1にもなると言われております。

その大きさからも肝臓の重要性、人が生きていく上で大切な臓器であるか窺い知ることができるのではないでしょうか?


さらには生命を維持していくために果たすべき役割のほとんどを
肝細胞が担って
おりまして、少しばかりの機能的な問題が発生しても症状として表面化してこないことから「沈黙の臓器」という別名まで付けられているわけです。

人間の体に異常が発生すれば多くの場合、痛みの信号となって異変を知らせてくれるわけでありますが、残念なことに肝臓自体には痛みを感じる神経がありません


放置すると破綻の時がくる
そんなことから肝臓は初期の段階においては、ほとんど自覚症状が現れてまいりません。そして何も言わずに我慢強い臓器である肝臓は、ひたすら耐えて黙々と自分の役割を果たしてくれるのでありますが、やがてそれも破綻の時を迎えることになります。

そのまま放置することで病気が進行して悪化、ようやく自覚症状が出てくるわけですが、その時には重度の肝臓病に陥っているケースがほとんどというのが実情です。


しかも悪いことに、そのような状況から治療が開始されたとしても、
完治させることは困難であると言われております。

近年では肝臓病というのは、「21世紀の国民病」とも呼ばれるようになりました。それは肝臓病を発症する人の数が、急激に増えているからです。


いかがでしょう?多少でも肝臓をいたわってあげようという気になりましたでしょうか?


【関連記事】
>>沈黙の臓器<<

pagetop

肝臓に良い食べ物

肝臓に良いサプリメント

肝臓病の原因

肝臓病の症状

肝臓病の治療

肝臓病の予防

肝臓の働き

二日酔い

肝臓に良い食べ物

肝臓に良いサプリメント

肝臓病の原因

肝臓病の症状

肝臓病の治療

肝臓病の予防

肝臓の働き

二日酔い

Copyright(C) 2012 肝臓に良い食べ物 All Rights Reserved. くりっく365と店頭取引の違い