headband

肝臓に良い食べ物

HOME >> 肝臓の役割

肝臓の役割

肝臓の3つの役割
人間の体の中で一番大きな臓器は肝臓ですが、今回は、その肝臓がどのような役割を果たしているのかについてご説明してみたいと思います。

肝臓の役割は、大きく3つに分けられます。

1)栄養素の代謝と合成
肝臓は、人間が生きていく上で欠かせない
3代栄養素の代謝と合成を行っています。

そもそも3代栄養素とは、「タンパク質」「糖質」「脂質」のことですが、これらの栄養素が食べ物から体の中に取り込まれて消化されますと肝臓に運び込まれます。


3代栄養素と言いましても、そのままでは人の体は栄養素を使うことができませんので、生命活動を行っていくために処理しやすいように形を変える役割を肝臓が担っているわけです。

以上のように、形を使いやすく変えることを代謝と言います。


2)有害物質の解毒作用
肝臓は、アルコールや食品添加物などのような
有害物質を分解してから無毒化し、排出する役割を担っております。

お酒を飲みすぎて二日酔いになってしまったという経験をお持ちの方は、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか?「もう二度と酒なんか飲まないぞ!」などと思うものですが・・・。

このような二日酔いは、肝臓が持っている有毒物質に対する解毒作用の処理能力をお酒の量が、上回ってしまった結果引き起こされたものです。


3)胆汁の分泌
肝臓で生成される消化酵素である胆汁には、脂肪やたんぱく質の消化吸収を助ける働きがあります。また肝臓で排出された老廃物を十二指腸に送り出す仕事も行っております。

ということで胆汁は、とても大切な消化酵素であると言えますね。


【関連記事】
>>アルコールを分解して無毒化する肝臓<<

pagetop

肝臓に良い食べ物

肝臓に良いサプリメント

肝臓病の原因

肝臓病の症状

肝臓病の治療

肝臓病の予防

肝臓の働き

二日酔い

肝臓に良い食べ物

肝臓に良いサプリメント

肝臓病の原因

肝臓病の症状

肝臓病の治療

肝臓病の予防

肝臓の働き

二日酔い

Copyright(C) 2012 肝臓に良い食べ物 All Rights Reserved. くりっく365と店頭取引の違い