headband

肝臓に良い食べ物

HOME >> アルコール性肝障害は若くても危険

アルコール性肝障害は若くても危険

飲酒量をチェックしましょう
一日3合以上の飲酒生活を5年以上続けると、アルコール性肝障害を発症する可能性がかなり高くなると言われております。

ということで、お酒をよく飲む方は、毎日の飲酒量をチェックした方がよいと思います。それは、たくさんの量のアルコールを過剰摂取しないためにも必要なことではないでしょうか?


それに自分の許容量を越えてお酒を飲むと二日酔いになってしまいますものね。二日酔いは、何度経験しても辛いものです。

それでは若い方は大丈夫なのでしょうか?いえ、けっしてそのようなことはありません。反対に
若い方は、少ないアルコールの量でアルコール性肝障害を発症する危険性があります


自分は若いからと油断しないで、お酒の量は控え目にしましょう。もちろん、未成年は論外ですからね。


自覚症状がありません
ところでアルコール性肝障害の症状についてですが、この病気の初期の段階では多くの方の場合、自覚できるものは現れません。あるとしても全身の倦怠感が現れるくらいのものです。

でも病気が進行してまいりますと、肝臓病と同様に黄疸や嘔吐、そして下痢などの症状が見られるようになります。


アルコール性肝障害は自覚症状がなく、病気が進行していくため健康診断などの血液検査で見つかるケースが多いというのが現状です。

血液検査で異常値が出てしまったら、放置しないで病院に行きましょう。

ただ、このようなアルコール性肝障害と言いましても、
軽度の場合はお酒の摂取量を控えることで改善することができます。


【関連記事】
肝臓に負担のかかるアルコール
アルコール性肝障害になる飲酒量

pagetop

肝臓に良い食べ物

肝臓に良いサプリメント

肝臓病の原因

肝臓病の症状

肝臓病の治療

肝臓病の予防

肝臓の働き

二日酔い

肝臓に良い食べ物

肝臓に良いサプリメント

肝臓病の原因

肝臓病の症状

肝臓病の治療

肝臓病の予防

肝臓の働き

二日酔い

Copyright(C) 2012 肝臓に良い食べ物 All Rights Reserved. くりっく365と店頭取引の違い