headband

肝臓に良い食べ物

HOME >> コーヒーに含まれる薬効成分

コーヒーに含まれる薬効成分

コーヒーは刺激物?
コーヒーという飲み物は、カフェインが含まれているため刺激物なので体に良くないなどと言われていたように思います。

ところが最近、コーヒーは従来の見解とは異なり身体に良い飲み物と言った認識が主流になりつつあるようです。


余談になりますが、コーヒーってウォータードリップ、ペーパードリップ、ネルドリップ、エスプレッソマシン、コーヒーサイフォン、コーヒープレスなど、淹れ方にも様々な方法があって個人で楽しむ方も多いみたいです。

夏にはアイスコーヒーが人気ですしね。


そんなコーヒーなのですが、ここで詳しく取り上げてみたいと思います。


コーヒーは刺激物?
まずコーヒーの成分について申し上げますと、たんぱく質、油分、粗繊維、カフェイン、タンニン、有機酸、カフェ酸、クロロゲン酸、ポリフェノール、褐色色素、ニコチン酸(ナイアシン)、トリゴネリンなどといった具合で、実にたくさんの薬効成分が含まれていることに気づかされます。


このタンニンは、植物成分で水溶液には鞣皮性があるとされています。そんなことから皮なめし剤などに使われているんですね。

これらコーヒーの成分の中に、先ほども述べましたカフェインの存在があります。カフェインには興奮作用があり、胃を荒らしたり発がん性があるとされたことから体に悪影響を及ぼすと言われるようになったわけですね。


ちなみにカフェインは栄養ドリンクに含まれるケースが多いので、成分表はしっかりと確認しましょうとも言われていたように思います。

しかしですね体に悪影響を与えるのは、飲みすぎた場合のことなんです。


【関連記事】
コーヒーの効能
コーヒーは肝臓に良い飲み物です
コーヒーは体に良い飲み物です

pagetop

肝臓に良い食べ物

肝臓に良いサプリメント

肝臓病の原因

肝臓病の症状

肝臓病の治療

肝臓病の予防

肝臓の働き

二日酔い

肝臓に良い食べ物

肝臓に良いサプリメント

肝臓病の原因

肝臓病の症状

肝臓病の治療

肝臓病の予防

肝臓の働き

二日酔い

Copyright(C) 2012 肝臓に良い食べ物 All Rights Reserved. くりっく365と店頭取引の違い