headband

肝臓に良い食べ物

HOME >> 肝臓とヘルシア

肝臓とヘルシア

ヘルシアとは?
花王のヘルシアって体脂肪率を下げる効果を期待できるということで、とても人気のある商品であることはご存じのことと思います。またヘルシアが特定保健用食品として、国から認可されているこも、一般的によく知れ渡っていることと思います。

さて、そんなヘルシアなのですが、肝臓にはどのような影響を与えるのでしょうか?


体脂肪を下げる効果があるのなら、きっと他の臓器にも良いのではということで、肝臓にも効果があるのかなと思ってしまうかもしれません。

ヘルシアは、緑茶に含まれているカテキンという成分を高濃度に凝縮して含ませることで脂肪代謝を上げることを目的としたお茶です。

脂肪って、暴飲暴食をしていると、あっという間に蓄積してしまいますからね。そんなことから人気があるのも頷けます。


たしかにこの緑茶に含まれるカテキンは、血圧の上昇を抑制する作用や血糖値や血中コレステロールを調整する作用、そして抗菌作用があるというなかなかの優れものであることは間違いのないところでしょう。

そんな脂肪代謝を良くしてくれる効果から、肝臓にもきっと良いだろうと考えてしまう方がどうも、いらっしゃるようです。


高濃度茶カテキンは肝臓に負担
フラボノイドの一種で緑茶に含まれていることで有名なカテキンですが、これを高濃度で摂取することは肝臓に負担をかけるという結論に至っている国が多く見受けられます。

そんなことから、フランスやスペインでは販売禁止処置が取られているのです。販売禁止となるまでに、カナダやフランス、スペインで、ヘルシアと同程度の高濃度茶カテキンのサプリメントなどによる肝機能障害が相当数、報告されているということです。

高濃度茶カテキンのサプリメントの販売禁止処置は、こんな理由からだったんですね。


【関連記事】
>>肝臓と高濃度茶カテキン<<

pagetop

肝臓に良い食べ物

肝臓に良いサプリメント

肝臓病の原因

肝臓病の症状

肝臓病の治療

肝臓病の予防

肝臓の働き

二日酔い

肝臓に良い食べ物

肝臓に良いサプリメント

肝臓病の原因

肝臓病の症状

肝臓病の治療

肝臓病の予防

肝臓の働き

二日酔い

Copyright(C) 2012 肝臓に良い食べ物 All Rights Reserved. くりっく365と店頭取引の違い